カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

連続だい

連続での書き込みゆるしてたもれ

今日は午前中母親と買い物に行ってきたのさ
ユニクロでやっすいロングTシャツが売ってたのでそれをゲット
あとは愛犬マロングッツを買い、お昼ご飯を買って帰宅

久しぶりにそば飯食べたけどウマーでした^^


その後はたけちょんが図書館で勉強していたので殴りこみ。
勉強してる隣で本でも読んで待ってましょってことで
本屋さんに行って読みたかった本を探したが売ってないんだわ

探していた本はこちら
容疑者Xの献身 東野圭吾/文藝春秋 1680円

明日また出かける機会があったら探してみようと思う


でまぁそれがなかったので図書館へ急いだのです


ついてみるとたけちょんのいた勉強室みたいなところは
音立てると響いてしまうような重い空間でした
私は待ってる間に読む本を探しに行き
東野圭吾さんのパラレルワールド・ラブストーリーという本をチョイス
この人の本は読んだことがなかったので雰囲気がつかみたかった

難しい言葉がちらほらあったが恋愛ものなのである程度は分かる



でも



隣にいるたけちょんの問題をとく姿を見てちょっかい出したくなった



紙に正解と思われる記号を書いているのだが
それに文字をくっつけてみたりした


単なる人の邪魔である



それが彼を刺激してしまいお互い書きあいになって
私がそれを読んで笑うのをこらえる形になった
声が出そうなんだけど、出したらみんなのひんしゅくをかってしまうし
なんとかセキをしてごまかしては見たが

セキだけではどうしようもなく、声を押し殺して肩を震わせて笑っていた


もうね殺されるかと思ったね
こんなくだらないことで殺されてたまるかヽ(`Д´)ノ


笑いすぎて鼻水止まらないしもう最悪
めろんは一足先にその場を立ったのでした


そしてさっき借りた本は100ページも読み終えてない
けど、まいっか。


たのしけりゃおkっしょ

しばらくして帰ってきたたけちょんとすこしだけ話をして
その場でバイバイ。
なんとも不思議な感じだったわ


勉強の邪魔してごめんねぇ なんてここで謝ってみたりする
[PR]
by ochamero | 2005-10-09 23:52 | めろんの日記